ピンホール検出器の製品案内

  • Home
  • ピンホール検出器の製品案内

ご要望に応じたシステムをご提案~ピンホール検出器製品案内~

松本電子工業では、高性能な「ピンホール検出器」を製造しております。本体価格や検出精度、メンテナンス性、構造の異なる検出器をラインナップしており、ニーズに合った機種が選択可能です。お客様のご要望に応じ、効率的な運用が可能となるシステムを構築、ご提案します。こちらは当社のピンホール検出器の製品案内です。

小型でシンプルな低価格モデル

新型ピンホール検出器 MPD-8600L(LED光源)
新型ピンホール検出器 MPD-8600L(制御盤レス・LED光源)
新型ピンホール検出器 MPD-8600L(制御盤レス・LED光源)
特徴
●光源部に長寿命で省エネなLEDを採用
●制御盤のないシンプル構成で、設置工事費が削減可能
●従来の8000型と同等の検出性能を備えながら、小型化と低価格化を実現
※検出部から機側盤の距離は標準10m
仕様
検出能力 垂直穴φ15μm(板厚0.15mmにて)
対象板幅 350~1,400mm 1400mm以上対応可
対象板厚 1mm以下
ライン速度 30~1200m/分
シャッター駆動方式 ACサーボモータによる自動エッジ追従方式(AS・BS独立)
シャッターオーバーラップ量 0~9.9mm (デジタルスイッチ、0.1mmピッチで設定)
外形図・構成図
構成図

検出部外形図

>>ピンホール検出機一覧へ

MPD8000 ピンホール検出器

ピンホール検出器 MPD-8000L
新型ピンホール検出器 MPD-8600L(制御盤レス・LED光源
新型ピンホール検出器 MPD-8600L(制御盤レス・LED光源
特徴
●1,200m/分の高速ラインで、φ15μmのピンホールを確実に検出
●エッジマスク量はWS、DSそれぞれ独立に0.1mm単位で設定可能。ラインの状況や通板状況に応じて最適な条件で使用可能
●光源には、省エネでメンテナンスコストの安い市販の標準型蛍光灯を採用。照度制御により、長期的に安定した検出が可能
●豊富な自己診断機能を備え、保守点検や故障診断が簡単
仕様
検出能力 φ15μm(板厚0.15mmにて、垂直から±20°まで)
対象板幅 350~1,400mm
対象板厚 1mm以下
ライン速度 30~1200m/分
板上下振動 ±2mm以下
シャッターストローク 350~1,400mm
パスライン間隔 4.5mm
シャッター駆動方式 ACサーボモータによる自動エッジ追従方式(WS・DS独立)
シャッター駆動速度 最大300mm/秒
エッジマスク量設定 0~9.9mm(WS・DS個別にデジタルスイッチで設定可能)
データ処理(オプション) ピンホールの位置、個数データなどのロギング、データ伝送機能
その他

板上下振動(バタツキ)の大きなラインや耳波など製品形状の悪いライン、その他の非標準仕様などは、お気軽にご相談ください。

>>ピンホール検出機一覧へ

ご要望に応じたシステムを構築するための可動レスモデル

MPD6000 ピンホール検出器
MPD6000 ピンホール検出器 特徴
●ご要望の検出穴径やライン速度、設置スペースに応じた設計で、最適なシステムを構築。一般工業向けの簡易構成も可能
●シャッター機構のない完全スタティック方式
●光源には、省エネでメンテナンスコストの安い市販の蛍光灯を採用。照度制御により、長期的に安定した検出が可能
●豊富な自己診断機能を備え、保守点検や故障診断が簡単
仕様(カメラユニット8台の例)
検出能力 φ0.5mm(板厚0.6mm、垂直穴)
φ1.0mm(板厚0.6~2.3mm、垂直穴)
対象板幅 2,040mm以下
対象板厚 1mm以下
ライン速度 0~400m/分
板上下振動 ±5mm以下
エッジ部不感帯 0.5~20mm(任意に設定可)
検出部(カメラ)高さ パスラインより650mm
データ処理(オプション) 穴径判別、穴位置測定、幅測定、個数データなどのロギング、データ伝送機能、投光器自動清掃機能

>>ピンホール検出機一覧へ

エッジのピンホールも漏れなく検出

MPD5000 エッジピンホール検出器
MPD5000 エッジピンホール検出器
MPD5000 エッジピンホール検出器
特徴
●800m/分の高速ラインで、板端部のφ50μmのピンホールを確実に検出
●当社独自の信号処理回路で、エッジマスクレスを実現
●光源には半導体レーザーを採用し、長期的に安定した検出が可能
●豊富な自己診断機能を備え、保守点検や故障診断が簡単
●オプションにより、エッジ形状不良検出器を取りつけ可能
仕様
検出能力 φ50mm(板厚0.15mmにて、垂直穴)
検出領域 エッジ0.7~10mm
対象板幅 350~1,400mm
対象板厚 1mm以下
ライン速度 0~800m/分
板上下振動 ±2mm以下
駆動方式 ACサーボモータによる自動エッジ追従方式(WS・DS独立)
同駆動速度 最大150mm/秒
データ処理(オプション) ピンホールの位置、個数データなどのロギング、データ伝送機能、エッジ形状不良(耳割れ等)
その他

板上下振動(バタツキ)の大きなラインや耳波など製品形状の悪いライン、その他の非標準仕様などは、お気軽にご相談ください。

>>ピンホール検出機一覧へ

ピンホールの検出と板幅測定を同時に

MPWX1000 ピンホール幅計
MPWX1000 ピンホール幅計
MPWX1000 ピンホール幅計
特徴
●ご要望の検出穴径やライン速度、設置スペースに応じた設計で、最適なシステムを構築
●エッジマスク機構のない、完全スタティック方式
●光源には省エネでメンテナンスコストの安い市販の蛍光灯を採用。照度制御により、長期的に安定した検出が可能
●豊富な自己診断機能を備え、保守点検や故障診断が簡単
仕様(カメラユニット8台を電磁鋼板ラインに設置した例)
検出能力 φ0.5mm(板厚0.5mmにて、垂直穴)
幅測定精度 ±3mm
対象板幅 700~1,250mm
ライン速度 400m/分以下
板上下振動 ±2mm以下
エッジ部不感帯 0.5~20mm(任意に設定可)
検出部(カメラ)高さ パスラインより770mm
データ処理(オプション) 穴径判別、穴位置測定、板エッジ部形状不良、個数データなどのロギング、データ伝送機能、投光器自動清掃機能

>>ピンホール検出機一覧へ

お客様にとって最適なシステムを構築 松本電子工業へのお問い合わせはこちら

こんなお悩みありませんか?

松本電子工業のピンホール検出器

松本電子工業の高速画像検査装置

ピンホール検出器の製品案内

高速画像検査装置の製品案内

技術・生産のご案内

OEM生産のご提案

製品開発について

各種測定装置のご案内

高速画像処理の開発

LED式ストロボ装置の開発

逓倍機能付きパルスレート変換器の開発

カメラ信号処理ユニットの開発

会社概要

会社沿革

採用情報

よくある質問Q&A

コラム


Copyright © Matsumoto Electronics All Rights Reserved.